野菜の苗、果樹・花などの種・苗の通販は苗問屋へ

会員登録ログイン

ご利用ガイ

ド お支払い・送

料 買い物カゴ

人気ランキング大苗コーナ栽培マニュアル
科目 : ナス科
原産はインドです
有機質の豊富な土壌を好み、生育の適温は25~28℃です。
栽培には移植栽培と直まき栽培がありますが、初心者はホームセンターなどで
ポット売りされた苗での移植栽培が簡単で確実です。
ナスは収穫期間が長く一度ピークが過ぎても7月頃に切り戻せば
秋ナスの収穫が楽しめるお得な野菜です。
乾燥を嫌うため、藁やビニールなどでマルチングをしましょう。
POINT① 土作り
おいしい野菜を作るためには、土つくりが重要です。
栄養豊富な土にすることで、野菜の根もよく張り、美味しい実のなる立派な株に育ちます。
POINT② 場所
連作を嫌うので、ナス科のものを5~6年間作っていない畑で育てましょう。
同じ土壌に同じ種類の作物を作ると栄養バランスが崩れ、生育障害を引き起こしたり、特定の病原菌が増えてしまいます。
連作をする場合は、接木苗を使用しましょう。
POINT③ 水やり
ナスは乾燥に弱いので、水を切らさないようにしてください。
表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。
POINT④ 肥料
植えつけから1か月後に1回目の追肥を行います。 1回目の追肥は畝の肩にします。その後2週間おきに追肥を行います。 2,3回目の追肥は1回目より外側に追肥ます。  
・支柱立て/誘引/マルチング
植えつけ直後に支柱を立て、誘引します。根を傷つけないように注意してください。
病気感染の原因になる、雨で跳ねた泥が苗に着くことを防ぐためと、雨や乾燥による水分過剰や水分不足を防ぐため、
株もとにワラやマルチシートを敷き詰めましょう。
・わき芽かき
花が咲き始める頃から「わき芽」が目立ってきます。コレを放っておくと、わき芽に栄養を奪われ、実の成長を阻害します。
小さいうちであれば手で横に倒せば簡単に取れますので、早めにすべて摘み取ります。
・剪定
枝が混み合ってきたら全体の3分の1の枝を切り、日当たりを良くします。
次に株もとから約30cm離れたところにスコップを入れ、根を切ります。
そうすることで新しい根が出てきて株が再度大きく成長します。
その後、追肥を忘れずに行います。

POINT① 畝(うね)を作ります。
幅120cm程度の畝を作ります。水はけを良くするため畝の高さはやや高めです。   
POINT② 水を与え湿らせておきます。
株を傷みを抑えるために、あらかじめ水をたっぷりと注ぎ、土を湿らせておきます。   
POINT③ ポットから抜きます。
根鉢を崩さないようにポットから抜きます。   
POINT④ 浅く植えます。
根鉢の上面が見える程度に浅く植えます。仮支柱を立てて結わえておきます。   

PAGE TOP